10/12木の葉が色づきはじめ、いよいよ秋本番を迎える。芸術、スポーツ、食欲の秋との言葉があるように、様々なイベントや味覚を楽しめる季節、下旬の霜降より、冬の訪れを感じる事も。
9/13日中の残暑はまだまだ厳しいものの、朝夕にはひんやりした空気が漂い、虫の声がきこえるようになってきました。あぜ道や土手に彼岸花が咲き、金木犀の芳しい香りがあたりに満ちてきだしたら、いよいよ秋も本番です。
8/12暑さ厳しい中、夏祭りや花火大会などイベントがいろいろあります。体調を崩さぬよう台風対策も忘れずに。
7/1梅雨が明け、本格的に暑い夏の季節になってきました。子どもたちが夏休みとなり、夏の行楽シーズンに突入する。
6/16月の第3日曜は父の日です。発祥地はアメリカで、母の日が年中盛 んになるのに、父の日が無いのは不公平だと考えたドット夫人が、亡父 の墓に、白いバラをささげたことが始まりと言われています。
5/4新茶の季節になり、時々暑さを感じるときもあります。連休の行楽の後は梅雨対策も忘れずに。
4/1桜の満開で春の訪れを実感する。陽気に誘われ外出することが多くなる。花粉症はピークを迎える。
3/2少しずつ暖かくなり始め春らしくなってきました。春分の日を境に徐々に日が長くなります。
2/7暖かい春に向けて歩み出す時期。雪解けを待たずに顔を出すフキノトウなど、早春ならではの味覚を味わいたい。
1/8新しい年の始まり。20日には大寒を迎え、一年で最も寒さが厳しい頃。インフルエンザ・カゼの対策を忘れずに。